November 2010

November 29, 2010

嵯峨沢館-露天風呂 その3

たっぷり朝食をいただいた後、朝風呂に入りました。
朝日を浴びながら新鮮なすがすがしい空気の中での温泉は格別で本当に幸せでした。
 ※写真はクリックすると大きくなります

画像 128画像 132画像 131







 【 川の湯 】前日は男湯となってましたが
 朝は女湯となってます




画像 134

 
 【 渓流の湯 】
 こちらも前日は男性用でしたが朝は女性用に変わってます。
 誰もいないので温泉独り占めできました。
 
 

 本当はもう一つ【蔵の湯】というお風呂があったのですが、
 とても入り切れませんでした・・・。
 又、有料ですが岩盤浴もありました。
 次回のお楽しみにということにしておきましょう。



 



sisonic at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記-国内 

嵯峨沢館-朝食

嵯峨沢館での朝食は洋食と和食とがありますので、前日にリクエストしておきましょう。
朝からとっても美味しいお食事でテンションあがります♪
かなりボリュウムがありますのでお腹をすかしておきましょう。
※写真はクリックすると大きくなりますよ

画像 123画像 124画像 126

 

 

 


洋食のメニューはコーンスープ・サラダ・イノシシのベーコン(初めてでしたが臭みも無くとってもジューシーでした)椎茸・オムレツ・野菜たっぷりのポトフ・焼きたてのパン・リンゴジュース・牛乳・ヨーグルト・コーヒーか紅茶です。
イノシシのベーコンと椎茸はその場で自分で焼いて白ポン酢でいただきます。
どれをとっても美味しく、暖かい物をその場で用意してくれるので、嵯峨沢館の朝食は私の一番のお気に入りです♪

画像 125画像 127

 

 

 


和食はお粥・サラダ・出汁巻き卵・おみそ汁・鮎のひものをその場で焼きます。湯豆腐・自家製金山寺・たらこ・煮物等お粥のあと白米も用意してくださってましたがとても食べられなかったようで残念でした。
その後、和食も洋食も食後のデザートとコーヒーまで、いただきました。
大満足の朝食でした。



sisonic at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記-国内 

November 28, 2010

Sonic-散歩&水浴び

sonic walk


sonic 川


朝比奈川沿いのコースがいつもの散歩コース。
陸地では、フリスビーすぐ飽きちゃうけど、川なら飽きないよ



sisonic at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お犬様 

表参道-アンデルセン


アンデルセン昔からアンデルセンのパンは大好きですが、地下で今買ったパンを食べたのは初めてです。
作りたてのパンと飲み物をオーダーすればすぐに食べれます。
ノルウェー産にしんとポテトのサラダ、生姜とりんごの胡桃パン、クリームペストリー。


休日の為、やや混みですが、回転速いのですぐに入れました。
どのパンも極上の美味しさです。にしんのサラダは特におすすめです。


sisonic at 13:49|PermalinkComments(1)My Favorite Places 

November 27, 2010

嵯峨沢館-貸し切り風呂

嵯峨沢館には無料の貸し切り風呂が5つあります。
今回は特に利用しませんでしたが、それぞれ趣が違ったお風呂でジャグジーもありますので
次回は利用してみたいと思います。

画像 121画像 069

 

 

 

 

 

 


【 花酔の湯 】 岩風呂の露天風呂です。夢告の湯の近くにあります。
入り口に休憩室があって便利です。

画像 087画像 088画像 089

 

 

 

 

 

 

 
 【 四季の湯 】左から石楠花・桔梗・海石溜と言う名前のお風呂です。
 誰も入ってなくってすいているようでした。

画像 090

画像 122

 

 

 

 

 



 薊 は源泉ジャグジー付きでかなり広いジャグジーなので
大人数で楽しめます。

 画像 078
画像 082











夜のロビーラウンジも素敵です。
左は受付カウンターです。



sisonic at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記-国内 

嵯峨沢館-露天風呂 その2

夕食後に入った露天風呂を紹介します。

画像 070画像 071画像 072







【 寝覚の湯 】木でできた渡り廊下がとっても素敵な雰囲気で、
嵯峨沢館で一番お薦めな露天風呂だと思います。

画像 114画像 117画像 120












夜になるとこんな感じで素敵です。脱衣所の床が暖めてあり、
さすがの心遣いです。隣の夢告の湯までそのまま行けます。

画像 091画像 085画像 086












【 夢告の湯 】室内のお風呂で寝覚の湯の隣にあります。庭の眺めが素敵なガラス張りのお風呂です。
右は夜のリバーサイドテラスです。温泉で暖まった後で休むととっても気持ち良いです。

sisonic at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記-国内 

嵯峨沢館-露天風呂 その1

今回私たちが泊まったお部屋は一番ランクの低いカテゴリーでしたので
お部屋に温泉の露天風呂は付いてませんでしたが、嵯峨沢館には7つの露天風呂等と予約制の無料貸し切り風呂が5つもあり、しかもすべて自家源泉100%の掛け流しなので、お風呂無しのお部屋でも全く問題なく、しかもほとんどのお部屋に温泉の露天風呂が付いているせいか、どこのお風呂も貸し切り状態で本当にゆっくり温泉を楽しめました。まずは、夕食前に入ったお風呂を紹介します。

※写真をクリックすると大きくなります。

画像 063画像 062






 【 川の湯 】 紅葉した山々を眺めながらの露天温泉はとても心地良かったです。
   入りませんでしたが右側は水風呂がありました。


画像 064画像 065画像 061





                                                         






【 せせらぎの湯 】川のせせらぎを聞きながらの温泉がとっても癒されます。
洗面所もアメニティも揃っていて使い勝手が良いです。


画像 060画像 059画像 057












あちこちにデイベッドやソファ等あり、無料の麦茶や冷水等あるので
温泉を楽しんだ後もゆったりできます。
無料のマッサージチェアが2台あったので、早速利用させて貰いました。
無料がとってもうれしいですよね♪
 画像 075画像 068画像 058      



sisonic at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記-国内 

1Q84 BOOK3-村上 春樹(姉)

画像 004
やっと読むことができた1Q84-BOOK3でしたが、最初1Q84のBOOK1発売当時はIQ84の人のお話かと思ってましたが全く違って、やっぱり村上春樹さんの不思議ワールド満載な物語で、特にBOOK3は少し恋愛もからんだ感じでおもしろかったです。
最近もノルウェイの森も映画かされて又久しぶりに村上さんの小説読み直して見たくなりました♪


sisonic at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)姉妹図書館 

November 26, 2010

三軒茶屋-炉バルLO

先日、婚約した友達と久しぶりにご飯に行くことに。(キューピット役は私ww)
婚約指輪はしていなくて見れなく残念でした。今度見せてくださいね。

三軒茶屋の茶沢通りをふらつき、偶然見つけた洋風炉ばた焼き?
ビストロ風のお店です。
2階席もあるみたいで、着席後しばらくすると満席状態に!!
カウンターもあり、気軽に入れます。
www.factorylo.com

roba2ロバ

 

お野菜たっぷりの焼きうどん風もおすすめ
(写真とり忘れた・・)           

 
大好きな、バーニャカウダ。
蒸野菜の種類も豊富で、アロマポット風の炙りで頂きました。¥1200
お店のメインの焼き物、NZ産の海老¥250?(塩で頭からガブリと)
イベリコ豚とオレンジの串焼き¥300?
 
どれも良心的な値段で、ワインも種類多数です。新鮮な野菜がほんとに美味しいです、もちろん串物も。


 

 

 

                    



sisonic at 14:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)My Favorite Places 

November 25, 2010

嵯峨沢館-お夕飯『立冬』その3

酢物:ずわい蟹、新いくら、菠薐草の生姜酢和え、菊花、防風
食事:炊き込みご飯(栗ご飯)
上腕:袱紗仕立
香菜
水菓子:季節の恵み
(りんごのシャーベット・熟し柿・葡萄・キュウイフルーツ・ヨーグルト)

画像 108画像 109画像 110









栗ご飯はほんのりと甘く、お代わりしたいくらいでした。
新いくらのぷりぷり感も最高です!

OZ産辛口白ワインをオーダーして2時間ぐらいのフルコースでした。
大満足の★★★★★です。

日本(東京)は世界でもミシュランが最も多い都市ですが納得です。



sisonic at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記-国内